ロレックス・ROLEXの中でも求めているデイトナ・Daytona

いろいろなロレックス・ ROLEX のウオッチがありますが、やはり多くの人たちが求めているのはロレックス・ ROLEX デイトナです。 高級ウオッチロレックスの最も花形のモデルがオイスターパーペチュアル・コスモグラフ・デイトナ、それを簡単にしデイトナです。

憧れのウオッチロレックス・ ROLEX デイトナ

多くの人たちがロレックス・ ROLEX デイトナに注目している理由は、デイトナというウオッチがいつも品薄状態でなかなか手に入らないからです。 ロレックス・ ROLEX デイトナに向きあえば他の人が持っていない時計と出会うことができるでしょう。多く資産家たちもロレックスデイトナに注目し、そこには高い価値が存在しています。 人気のステンレス製のモデルのデイトナもなかなか百貨店や正規販売店の店頭に並ぶことがないので、今後も価値は上昇し続けることでしょう。 なかなか手に入れることができないからほぼロレックスデイトナの購入方法は、平行輸入の新品を狙うか、中古ということになります。 平行輸入新品なら最新のロットを手にすることができるかもしれませんが、中古の場合、いろいろ注意しなければならないこともありそうです。 ロレックス・ ROLEX ・ ROLEX デイトナは生産時期によって、いろいろ仕様も違っていたりするので注意も必要になってくるでしょう。

人気のロレックスデイトナの種類

多くの人たちが選択しているロレックスデイトナは自動巻かステンレス製のタイプです。このタイプが登場したのは、 1988年~です。1988~2000年に登場したのは、 型式16520の、自動巻式の初代デイトナです。 ムーブメントはゼニス社のエルプリメロで、それをロレックス・ ROLEX 仕様にしています。 2000~2016年には、 型式116520のものが登場します。型式116520は、自動巻式の2代目デイトナであり、自社製ムーブメントが採用されることになりました。 2016年~に登場するのは、型式116500LNです。型式116500LNは、自動巻の3代目デイトナです。 性能自体、前代のものと同じですが、傷に強いセラミックがベゼルに採用されることになります。

「ブラック文字盤」と「ホワイト文字盤」

ロレックス・ ROLEXのデイトナのステンレスモデルには、 「ブラック文字盤」と「ホワイト文字盤」の選択肢があり、この2点を果てしなく迷う方々もいらっしゃることでしょう。 かつてブラックに人気が偏っていた傾向がありましたが、2016年に116500LNが登場したあたりから、 ホワイトにも多くの人気が集まるようになりました。


Copyright(c) 2017 ロレックスの神様 All Rights Reserved.